美容 腸活

腸は第2の脳と云われる理由

腸には多くの神経細胞があり、交感神経系や副交感神経系を通して脳と繋がっています。そして脳内には、沢山の情報を運ぶ神経伝達物質が存在していますが、その代表的なものが『セロトニン』です。

『セロトニン』とは、安心感や幸福感をもたらし、心のバランスを保ってくれる脳内の神経伝達物質で、最近は「幸せホルモン」などと呼ばれています。

さあこの「セロトニン」いったいどこにあると思いますか?
脳内の伝達物質なんだから、普通はすべて脳にあると思いますよね?

しかし、『セロトニン』の90%
なんと!『腸』にあるんです。
そして、残りの8%が血液中に、
脳にはたったの2%しかないんです。

なぜ腸に90%も存在しているのかというと、『セロトニン』のモトとなる物質が小腸でつくられているからなんです。
食物から摂取した必須アミノ酸「トリプトファン」と腸内細菌の働きからセロトニンのモトがつくられ、それが脳に届き『セロトニン』となります。

『セロトニン』が増えると・・・前向きな気持ちになり心身ともに安定します。
逆に『セロトニン』が不足すると・・・イライラしたり不安感で落ち込んだりします。

つまり『セロトニンのモト』を腸でしっかり作って、脳に届けなければならないということ!

そんな幸せホルモン『セロトニン』を増やすには
大豆製品や乳製品を食べよう
納豆や味噌などの大豆製品と乳製品にはセロトニンの原料になる、必須アミノ酸「トリプトファン」が含まれています。必須アミノ酸は体内で生成されないので食事から摂るしかありません。

太陽の光を浴びよう
太陽の光が網膜を刺激すると、それがスイッチとなりセロトニンの生成を活性化してくれます。朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びるのがおすすめです。

『セロトニン』を増やしてポジティブに楽しい毎日を送り、心身ともに健康になりましょう!


これだけみても、腸が第2の脳と呼ばれる理由が分かりますね。
健康の源でもある腸は、脳にもいい影響を与えています。意識して積極的にケアしていきたいですね!今度は『セロトニン』を増やす食材の話もしてみたいと思います。

美活腸活アドバイザーとして『様々な講座やコース』で腸活アドバイスいたします!
腸内解析×食事改善×睡眠×腸もみ』で自分だけの腸活をみつけよう!

『はじめての腸活講座』↑上記でお申し込み受付中です。

腸活に興味がある方
※痩せ菌デブ菌があるか知りたい方
※体質改善にチャレンジしてみたい方
※アトピーとの戦いにめげそうな方

※身体の中からキレイになりたい方
※免疫力を上げたい方
一緒に腸活&美活動をして、内側からピカピカの肌を手に入れましょう!


○『美肌美腸美活メンバー』にはいち早く情報をお届けします。

 腸内解析など興味ある方は、下記から『友達登録』よろしくお願いします。

-美容, 腸活